活字書体をつくる

新しい活字書体を制作するための覚え書きです。修正・加筆することがありますのでご了承願います。

みちすじ(和字書体)

1 使用する目的 活字書体はリリースされたと同時に制作者の手を離れる。その使用は購入した人に委ねられ、いかなる媒体で、いかなる使われ方をしようが、制作者はそれを見守るしかできない。そうだとしても、ただ漠然と制作しているわけではない。使用する…

コンセプトとインテンション(欧字書体)

ネーミング(Vrijheid)欧字書体のネーミング(命名)は難しい。『欧文書体 その背景と使い方』(小林章著、美術出版社、2005年)には、「書体に名前をつけるのは難しい」というコラムがまとめられている。小林章さんデザインのFF Cliffordは、発売が決まっ…

制作意図と概念(漢字書体)

石井賞創作タイプフェイスコンテストでは審査の時の参考資料として「制作意図」を記入することになっており、それは入選した時に作品集にも掲載された。最近のタイプデザインのコンペティションでも同様であろう。 漢字書体の名称(白澤)最近のタイプデザイ…

よりどころとねらい(和字書体)

活字書体とは 「書体」とは何か。『広辞苑』(岩波書店)には次のように記されている。 しょたい【書体】 ①字体を基礎に一貫して形成された、文字を表現する様式・特徴・傾向。漢字の楷書・行書・草書、活字で和文の明朝体・ゴシック体・アンチック体など、…

フレイヘイド(Vrijheid)の風が吹く

できれば従属欧文ということばは使いたくない。日本語フォントは、和字書体・漢字書体・欧字書体が対等な関係だと考えて設計しているからだ。だから、たとえ日本語フォントの中の欧字書体であっても、「フレイヘイド(Vrijheid)」のように固有の書体名をつ…

復刻、翻刻、そして新刻(欧字書体)

…… 復刻(活字→活字) 筆者が仕事として取り組んだ欧字書体も復刻から始まった。写植書体の「ヘルベチカ」ファミリー、「オプチマ」ファミリー、「ユニバース」ファミリーである。いずれもサンセリフ系の書体で、「ヘルベチカ」と「ユニバース」はグロテスク…

セリフとサンセリフとスラブと

…… 『図解で知る 欧文フォント100』から 『図解で知る 欧文フォント100』(スティーブン・コールズ著、akira1975監修、田代眞理翻訳、ビー・エヌ・エヌ新社、2019年11月)は、定番の欧字書体から100書体を厳選し、16種類のスタイル別に分類し、書体の特徴を…

ひらがなとカタカナ

個人的なルールとして、 「漢字」に対して、「和字」、「欧字」という。 「漢文」に対して、「和文」、「欧文」という。 「真名」に対して、「仮名」(万葉仮名、真仮名、草仮名)という。 とはいえ、なかなか割り切れないのが現実だ。せめて、「平仮名」は…

和字書体・漢字書体・欧字書体

日本語書体は、おもに、和字・漢字・欧字の三つの文字体系で構成されている。中国語では漢字が中心である。西欧の各国語は欧字(ラテン文字)が中心である。 日本語書体を設計するときには、これを全部作るのであるが、欣喜堂では和字書体がベースで、漢字書…

白澤がくる

2015年ごろ、勉強会の写植文字盤プロジェクトで、体験学習のために「白澤中明朝」「白澤太ゴシック」「白澤太アンチック」の書体見本を作成した。書体見本12字を48mm角の専用下書き用紙に鉛筆で描き、フィルムに墨入れをして原字とした。これを縮小して簡易…

きたりすの亜種

『タイプフェイスデザイン漫遊』(今田欣一著、株式会社ブッキング、2000年)に「欣喜アンチック」という書体を試作している。その章のタイトルは「悠久の持続性」という大げさなものだった。 筆者はずっと和字アンチック体に注目していた。アンチック体とい…

復刻、翻刻、そして新刻(漢字書体)

復刻(活字→活字) 筆者が仕事として最初に取り組んだ漢字書体は『広漢和辞典』(大修館書店)用石井細明朝体(特注)だった。写植文字盤から48mm角のサイズに拡大したフィルム原字を修整した。 仿宋体(簡体字・繁体字。日本語版の紅蘭細宋朝体は販売されて…

復刻、翻刻、そして新刻(和字書体)

復刻(活字→活字) 復刻とは、書物として以前に出版したものを新しく版を作り直し、もとのとおりに刊行することである。転じて、もともと活字書体として制作されたものを、デジタルタイプとして再生することを復刻ということにする。 筆者が仕事として最初に…

和字書体からグランドファミリーを構想する

和字書体三十六景・十二勝から 和字書体三十六景・十二勝を構成する和字書体は、それぞれが独立したものであるが、これらを組み合わせることにより、グランドファミリーが構築できるのではないかと思う。和字オールドスタイル、和字ニュースタイル、和字モダ…

明朝体・呉竹体・安竹体——近代漢字書体の三系統

「美華」「伯林」「倫敦」——「日本語書体三傑」 金属活字書体の揺籃期の見本帳『BOOK OF SPECIMENS』(平野活版製造所、1877年)では、ローマン体の各シリーズの他に、欧字書体としてのアンチック(Antique)とゴシック(Gothic)が掲載されている。ここにあ…

活字・写植・デジタルタイプ

活字というのを狭い意味で考えると、金属活字、とくに鉛の活字を思い浮かべるが、もっと広い意味でとらえると、写真植字も活字の一種である。金属活字がメタルタイプというのに対して、写真植字機を英語で言うとフォト・タイプセッティングマシンになる。フ…

書写・レタリング・タイポグラフィ

われわれが扱う文字は、書写・レタリング・タイプフェイス(活字書体)デザインの3種類に大別できる。個別の教科だけではなく、複数の教科を横断してみてみると、この3種類はすべて中学校で習っている。 書写 書写は、中学校の国語科のなかの書写で学習する。…

和字書体「ほくと」の企画書3/3

5 ファミリー内の位置 ウエイト:メディウム(Medium)とする。 6 使用する目的 本文用 (書籍・雑誌の本文/ウェブサイトの本文/広告のボディコピーほか) 7 組み方向 縦組/横組 8 適正印字サイズ 10Q—16Q 9 制作字数 計278字 (参考:「ばてれん」…

和字書体「ほくと」の企画書2/3

3 デザイン・コンセプト 「ほくと」は、『新考北海道史』の「序」と「まえがき」にもちいられた活字(和字書体)を参考にして、現代の日本語の活字書体(デジタルタイプ)として使用する目的で復刻・制作する。 参考にした資料:『新考北海道史』(奥山亮著…

和字書体「ほくと」の企画書 1/3

1 活字書体の名称 「ほくと」(北斗) 原資料が札幌の北方書院から出版された『新考北海道史』であることから、函館〜札幌間を運転されている特急「北斗」にちなんで、書体の名称を「ほくと」とした。 参考: 特急「北斗」は1965年10月から函館~旭川間で運…

漢字書体「武英」の企画書 3/3

5 ファミリー内の位置 ウエイト:メディウム(Medium)とする。 6 使用する目的 本文用 (書籍・雑誌の本文/ウェブサイトの本文/広告のボディコピーほか) 7 組み方向 縦組/横組 8 タイプサイズ 10Q—16Q 9 制作字数 日本工業規格JISX0208:1997に基づ…

漢字書体「武英」の企画書 2/3

3 デザイン・コンセプト 「武英」は、官刻本(銅活字版)『古今図書集成』(1726年、武英殿)を参考にして、現代の日本語の活字書体(デジタルタイプ)として使用する目的で復刻・制作する。 参考: ①武英殿刊本(殿版)とは 武英殿刊本(殿版)とは、中央…

漢字書体「武英」の企画書 1/3

1 活字書体の名称 「武英」(ぶえい) 北京・故宮博物院の西南部に位置する武英殿から、書体の名称を「武英」とした。 参考: 武英殿は明代初頭に創建された。明代には皇帝の斎戒や大臣接見の場となり、清代には御用絵師のアトリエになっていたが、清代の16…

書体のイメージ調査

新潮社の文芸情報誌『波』2017年8月号、9月号に掲載された「鳥海修/あなたは今、どんな書体で読んでいますか?」では、書体選択の判断基準として「太さ」「大きさ」「大小の差」「線の抑揚」「柔らかさ」「フトコロ」「粘着度」「形の新旧」「普遍性」「濁…

書体見本字種で組む文章

最初に書体見本字種12文字を制作するので、これだけでテスト用の組み見本ができないものかと考えたのが、つぎの文章です。文字数が140字になるように考えました。 グラフィック・デザイナーの東永なつみさんは、ペガサスとユニコーンの激闘にはとても驚いた…

書体見本字種

欣喜堂の書体見本字種は、『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(雪朱里+グラフィック社編集部編著、グラフック社、2015年)の120ページ、121ページに図版として掲載されています。 毛 永 辺 紙 囲 室 調 東 激 機 …

00-3「K.E.Gemini」の書風

K.E.Geminiは、ウィリアム・キャズロン(1692−1766)が製作した活字(再鋳造)が使用されている『The Diary of Lady Willoughby』(1844年)から抽出したキャラクターをベースに制作した。 Caslon 540、Adobe Caslonなど既存の復刻書体を参考にしながら、不…

00-2「K.E.Taurus」の書風

K.E.Taurusは、パリのクロード・ギャラモン(?−1561)が製作した活字が用いられている『ミラノ君主ヴィスコンティ家列伝』(1549)から抽出したキャラクターをベースに制作した。 Stempel Garamond、Adobe Garamondなど既存の復刻書体を参考にしながら、不足…

00-1「K.E.Aries」の書風

K.E.Ariesは、フランス人の印刷者ニコラ・ジェンソン(1420?−1481)が製作した活字が用いられている『博物誌』(1472年)の1ページを参考にして制作した。 Monotype Centaur、Adobe Jenson など既存の復刻書体を参考にしながら、不足のキャラクターも含め…

00 はじめに

欣喜堂で欧字書体として制作しているグリフをまとめておく。 Proportional-pitch font 文章や単語にもちいるために、キャラクター個々の字幅を設定した欧字を制作している。 Basic Latin Glyphs ラテン文字のCapital letters, Small letters, Lining Figures…