活字書体設計2

[活字書体をつくる]新しい活字書体として復刻するための覚え書きです。頻繁に修正・加筆しますのでご了承願います。

7-7 「美華」の概形・抱懐

第一法 長法

「美華」の東字も、概形・抱懐から見れば、自・身・月と同じように、長形になっている。中央の閉じられた部分を締めることによってもともとの長形のイメージを保ちつつ、横画を長くして、より正方形に近づこうとしている。そのため、最大字面の正方形のイメージが強くなっているように感じる。

f:id:typeKIDS_diary:20141206183552j:plain

第二法 平法(★短法ともいう)

「美華」の西字の概形・抱懐は平形ではなく、むしろ長形にも見える。横画が長くなっているので、かろうじてもともと平たく書く字というイメージが保たれている。原資料では下部の閉じられた部分の左右が狭すぎて判別しづらいことから、「美華」では少し広くした。

f:id:typeKIDS_diary:20141206104944j:plain