活字書体をつくる

新しい活字書体を制作するための覚え書きです。修正・加筆することがありますのでご了承願います。

漢字・第18回 布置(整列・姿勢)

布置
布置とは、文字を正確な位置に調整することである。

 

整列
活字角のなかに字面を置く基準は、字面の中心を、活字角の中心にあわせることだ。具体的には活字角に字を置いてみて、天地左右の空間の均衡がとれているかということで判断する。天地左右の空間が調整できていない現象を俗に「寄り引きがある」といっている。

 

姿勢
筆法・結法では問題がなくても、活字角に布置する段階で傾いてしまったら、すべてが台無しになってしまう。これを「姿勢が悪い」という。