活字書体をつくる

Blog版『欣喜堂ふたむかし』/『欣喜堂四半世紀』

[漢字]02 基本設計

漢字・第4回 字庫(フォント)

フォントは中国語で「字庫」という。漢字書体に関する言葉はできるだけ漢字を使いたいので、本記事では「字庫」という言葉を用いることにする。活字書体は、活字という工業製品の一部分である。漢字書体の字庫(フォント)に納められる字種は、好き勝手に決…

漢字・第3回 仕様書

1980年代には、TQC(Total Quality Control)活動が推進されるようになった。QCというのは品質管理のことで、QCサークル活動が活発に行われた。書体設計部門も例外ではなかった。その第一歩として漢字書体の仕様書が作成されるようになった。 和字書体、欧字…

漢字・第2回 制作意図と概念

石井賞創作タイプフェイスコンテストでは審査の時の参考資料として「制作意図」を記入することになっており、それは入選した時に作品集にも掲載された。最近のタイプデザインのコンペティションでも同様であろう。 漢字書体の名称(白澤)最近のタイプデザイ…