活字書体をつくる

Blog版『欣喜堂ふたむかし』/『欣喜堂四半世紀』

漢字書体「武英」の企画書 2/3

3 デザイン・コンセプト 「武英」は、官刻本(銅活字版)『古今図書集成』(1726年、武英殿)を参考にして、現代の日本語の活字書体(デジタルタイプ)として使用する目的で復刻・制作する。 参考: ①武英殿刊本(殿版)とは 武英殿刊本(殿版)とは、中央…

漢字書体「武英」の企画書 1/3

1 活字書体の名称 「武英」(ぶえい) 北京・故宮博物院の西南部に位置する武英殿から、書体の名称を「武英」とした。 参考: 武英殿は明代初頭に創建された。明代には皇帝の斎戒や大臣接見の場となり、清代には御用絵師のアトリエになっていたが、清代の16…

書体見本字種で組む文章

最初に書体見本字種12文字を制作するので、これだけでテスト用の組み見本ができないものかと考えたのが、つぎの文章です。文字数が140字になるように考えました。 グラフィック・デザイナーの東永なつみさんは、ペガサスとユニコーンの激闘にはとても驚いた…

漢字・第7回 書体見本字種

欣喜堂の書体見本字種は、『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(雪朱里+グラフィック社編集部編著、グラフック社、2015年)の120ページ、121ページに図版として掲載されています。 毛 永 辺 紙 囲 室 調 東 激 機 …

創業20周年記念『欣喜堂ふたむかし』刊行

2017年2月24日をもちまして創業20周年を迎えることができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝しております。これを機に決意も新たに鋭意努力いたす所存でございますので、今後ともご指導、ご高配を賜りますようお願いいたします。創業20周…

「K.E.Gemini」の原資料

K.E.Geminiは、ウィリアム・キャズロン(1692−1766)が製作した活字(再鋳造)が使用されている『The Diary of Lady Willoughby』(1844年)から抽出したキャラクターをベースに制作した。 Caslon 540、Adobe Caslonなど既存の復刻書体を参考にしながら、不…

「K.E.Taurus」の原資料

K.E.Taurusは、パリのクロード・ギャラモン(?−1561)が製作した活字が用いられている『ミラノ君主ヴィスコンティ家列伝』(1549)から抽出したキャラクターをベースに制作した。 Stempel Garamond、Adobe Garamondなど既存の復刻書体を参考にしながら、不足…

「K.E.Aries」の原資料

K.E.Ariesは、フランス人の印刷者ニコラ・ジェンソン(1420?−1481)が製作した活字が用いられている『博物誌』(1472年)の1ページを参考にして制作した。 Monotype Centaur、Adobe Jenson など既存の復刻書体を参考にしながら、不足のキャラクターも含め…

「まどか」の原資料

青山進行堂活版製造所『富多無可思』(1909年)の83ページに所載の四号楷書体活字からキャラクターを抽出した。株式会社東京築地活版製造所『活版見本』(1903年)の19ページも参考にした。復刻において、いちばんたいせつなのは書風を把握することである。…

「きざはし」の原資料

東京築地活版製造所印刷『長崎地名考』(安中書店蔵版、1893年)および『五号明朝活字書体見本 全』(東京築地活版製造所、1894年)からキャラクターをサンプリングした。その上で、全体的に太さ、大きさ、姿勢、寄り引きなどを見直した。現代から未来にかけ…

「かもめ」の原資料

内閣印刷局『内閣印刷局七十年史』(1943年)からキャラクターをサンプリングしたものをアウトライン化した。小さいポイントなので、まずはもとの線質を再現することからはじめた。基本的な書風を見極めながら、大きさをそろえたり、太さをそろえたり、寄り…

「蛍雪」の原資料

『欽定全唐文』(1814年、揚州詩局)の1ページを拡大し、双鉤填墨法によってアウトライン化した。そこから筆法・結法・章法を見極めながら書風をくみとり、意臨するがごとく、活字書体「蛍雪」として完成させていく。

「金陵」の原資料

明末の南京国子監刊本である『南斉書』(1588-1589)の1ページを拡大し、双鉤填墨法によってアウトライン化した。そこから筆法・結法・章法を見極めながら書風をくみとり、意臨するがごとく、活字書体「金陵」として完成させていく。

「龍爪」の原資料

宋代の四川地方の刊本である静嘉堂文庫所蔵の『周礼』(巻第九・巻第十)を拡大し、双鉤填墨法によってアウトライン化した。そこから筆法・結法・章法を見極めながら書風をくみとり、意臨するがごとく、活字書体「龍爪」として完成させていく。

嚮搨と双鉤填墨、臨書(形臨、意臨、背臨)

書体設計においては、どうしても一つひとつの文字の形にとらわれがちであるが、書風を見ることが大事だと思う。書風というのは、文章を組んだときの全体の雰囲気である。 筆法・結法・章法を見極めることも、すべては書風のためにある。 基本は書写にある。…

漢字・第16回 字角と字間

字角(ボディ)「字角」(ボディ)とは、活字書体を設計するスペース。すなわち活字一字分の大きさをボディ(写真植字では「仮想ボディ」)という。 字間(レタースペース) 『周礼』巻第九の第1ページの字間 文字と文字が接触するほどきつくなっている。文…

漢字・第18回 布置(整列・姿勢)

布置布置とは、文字を正確な位置に調整することである。 整列活字角のなかに字面を置く基準は、字面の中心を、活字角の中心にあわせることだ。具体的には活字角に字を置いてみて、天地左右の空間の均衡がとれているかということで判断する。天地左右の空間が…

漢字・第17回 字面と余白

字面(タイプフェイス)この活字角の中で、活字に彫られている字の表面を「字面」(タイプフェイス)という。字面はふつう活字角よりも小さくなる。掠法や磔法の先端までふくめた字面を「最大字面」、見た目の字面を「標準字面」といっている。掠法や磔法の…

漢字・第14回 上下法

第二七法 上蓋下法 第二八法 下載上法 上部で下部を覆う結法と、下部に上部を載せる結法である。同じ「宀」でも、結法によって幅が違ってくる。上蓋下法(蓋とはおおうという意味)とは冠が下部を全部覆うようにする結法である。下載上法とは下の横画に上部…

漢字・第12回 整斉と参差

筆法は筆画ひとつひとつをどう画くかということであり、結法は組み立て方である。筆法をエレメント、結法を字形という人もいるが、わたしは筆法、結法ということにしている。 結法(結構法)については、佘雪曼(シャ・セツマン、1908−1993)の「結構四十四…

「美華」の概形・抱懐

第一法 長法 「美華」の東字も、概形・抱懐から見れば、自・身・月と同じように、長形になっている。中央の閉じられた部分を締めることによってもともとの長形のイメージを保ちつつ、横画を長くして、より正方形に近づこうとしている。そのため、最大字面の…

「志安」の概形・抱懐

第一法 長法 「志安」の東字も、最大字面は正方形に近いが、概形・抱懐から見れば、自・身・月と同じように、もともと長く書く字であることがわかる。概形・抱懐が「陳起」よりさらに長方形になっているのは「志安」が、全体的に長形になっているということ…

「陳起」の概形・抱懐

第一法 長法 「陳起」の東字を箱に入れようとすると、豎画と掠・磔の先端があるので、その箱は正方形に近い。だが、概形・抱懐を重ね合わせると、自・身・月と同じように、もともと長く書く字であることがわかる。最大字面との差は大きいが、抱懐を極端に締…

漢字・第11回 概形と抱懐

筆法は筆画ひとつひとつをどう画くかということであり、結法は組み立て方である。結法(結構法)については、佘雪曼(シャ・セツマン、1908−1993)の「結構四十四法」を下敷きにして、活字書体に当てはまらない八法を除いて「活字書体結構三十六法」として再…

「陳起」の主要十二部首

①人部 第二画の起筆①は接触しているので軽くし、収筆②に向かって太くなっている。 ②土部 字種によって異なるが、第一画の起筆①より第三画の起筆②のほうが内側になることが多いようだ。第三画③は「収筆を省略した横画」という意識で水平に近くなっている。 ③…

漢字・第10回 主要十二部首

筆法の複合形として、ちくま新書の『日本の文字』(石川九楊、筑摩書房、2013年)に倣って、主要な部首をまとめてみた。これを「主要十二部首」ということにする。 少し整理して、①から⑤が偏、⑥と⑦が傍、⑧が冠、⑨が脚、⑩が垂、⑪が繞、⑫が構という構成に改め…

「陳起」の追加十二則

①折釘 転折以降は直角ではなく、下方を締めるように左に倒して書く。 ②曲尺 転折以降は直角になり、垂直になるように書く。 ③散水 第二画が左に出て、第三画でまたもとに戻る。第三画は長く跳ね上げる。 ④綽勾 永字八法の弩法+趯法とはことなり、しなやかに…

漢字・第9回 追加十二則

さらに細かいところでの筆法として、ちくま新書の『日本の文字』(石川九楊、筑摩書房、2013年)に倣ってまとめてみた。これを「追加十二則」ということにする。 ①折釘 折れた釘にようだから「折釘」という。口の書き方。第二画の転折以降は直角ではなく、下…

「端午」の補足十二法

①宝冠 「銘石」と同じように、縦筆、横筆、縦筆で構成される。 ②獅口 横筆は水平を保ち、転折以降は包み込むように運筆し、そのまま回すように払う。 ③浮鵞 直角に曲がり、収筆で右上に回すように払う。 ④飛雁 やや浅いカーブで、右に回すように払う。 ⑤鳳翅…

「銘石」の補足十二法

①宝冠 これまで記してきた楷書系統の書体とはことなり、縦筆、横筆、縦筆で構成される。 ②獅口 横筆は斜めになり、転折以降はゆるやかにカーブしているが跳ねない。 ③浮鵞 直角に曲がり、収筆で右上に抜く。跳ねない。 ④飛雁 やや深いカーブで、右上に抜く。…