活字書体をつくる

Blog版『欣喜堂ふたむかし』/『欣喜堂四半世紀』

「龍爪」の原資料

宋代の四川地方の刊本である静嘉堂文庫所蔵の『周礼』(巻第九・巻第十)を拡大し、双鉤填墨法によってアウトライン化した。そこから筆法・結法・章法を見極めながら書風をくみとり、意臨するがごとく、活字書体「龍爪」として完成させていく。

f:id:typeKIDS_diary:20160207103238j:plain

f:id:typeKIDS_diary:20160207103240j:plain

f:id:typeKIDS_diary:20160207103242j:plain