活字書体をつくる

Blog版『欣喜堂ふたむかし』/『欣喜堂四半世紀』

欧字・第24回 ファミリー

……

ウエイトの展開

活字書体のファミリー化で一般的なのはウエイトの展開である。和字書体、漢字書体に準じて、欧字書体も同じウエイト名にしている。

最近では、Thin, Light, Regular, Medium, Thick, Demi Bold, Bold, Extra Bold, Ultra Bold、Black, heavyのように、細かいウエイト段階が設定される。

この場合、ベースラインはファミリーで同じにしているが、キャップライン、ミーンラインは、ウエイトによって設定する場合がある。

 

使用サイズの展開

欧文専用書体においては、使用サイズによってバリエーションを展開するということがある。日本語の中の欧字書体でも、その使用サイズに適した書体にすることが今後は考えられる。

 

ボディ幅の展開

欧文専用書体においては、ワイド、コンデンスというバリエーションを展開するということがある。漢字書体、和字書体のボディも正方形だとは限らないので、日本語の中の欧字書体でも、それに準じて、ボディ幅の変化による書体が制作されることが考えられる。

 

字面サイズの展開

日本語の中の欧字書体の場合には、組み合わせる和字書体、漢字書体によっては、ハイトやウィドゥスを変更しなければならない場合が生じる。この場合には、ウエイトやフォルムを総合的に見直す必要がある。