活字書体設計2

[活字書体をつくる]新しい活字書体として復刻するための覚え書きです。頻繁に修正・加筆しますのでご了承願います。

2 三字三法・川字三法

三字三法は横画の筆法、川字三法は豎画の筆法である。

 

1 三字三法(横画)

①第1画は「仰」で、収筆部にむけて上に反る。

②第2画は「平」で、まっすぐに運筆する。

③第3画は「覆」で、起筆部と収筆部が下がっている。

 

2 川字三法(豎画)

①第1画は「向」で、送筆部が右にふくらんでいる。収筆は左にカーブを描きながら引き抜くが、書体によっては第1画を引き抜かないで留めたり跳ねたりする書き方がある。

②第2画は「直」で、まっすぐに運筆する。

③第3画は「背」で、第1画とは逆に送筆部が左にふくらんでいる。

文字全体は、第1画と第3画が反り合ったように構成される「背勢」となる(向・直・背)場合と、第1画と第3画が反り合ったように構成される「向勢」となる(背・直・向)場合がある。