活字書体をつくる

新しい活字書体を制作するための覚え書きです。修正・加筆することがありますのでご了承願います。

00-4「金陵」の書風

明末の南京国子監刊本である『南斉書』(1588-1589)の1ページを拡大し、双鉤填墨法によってアウトライン化した。そこから筆法・結法・章法を見極めながら書風をくみとり、意臨するがごとく、活字書体「金陵」として完成させていく。

f:id:typeKIDS_diary:20160208144648j:plainf:id:typeKIDS_diary:20160208144650j:plain

 

f:id:typeKIDS_diary:20160208144653j:plain